コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宮 いちのみや

13件 の用語解説(一宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一宮
いちのみや

山梨県中部,笛吹市北東部の旧町域。甲府盆地東部,金川扇状地の東部を占める。 1954年一宮村,浅間村,相興村が合体し町制。 2004年石和町,御坂町,八代町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

一宮
いちのみや

愛知県南東部,豊川市東部の旧町域。 1961年町制。 2006年豊川市に編入。地名は三河国一ノ宮の砥鹿神社 (とがじんじゃ) に由来。豊橋平野の北部を占め,水田耕作を中心に野菜の生産性も高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

一宮
いちのみや

兵庫県中西部,宍粟市東部の旧町域。揖保川上流域にあり,淡路島の一宮町と区別して播磨一宮町と呼ばれた。 1956年神戸村,染河内村,下三方村の3村が合体して町制。同 1956年三方村,繁盛村の2村と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

一宮
いちのみや

兵庫県南部,淡路市南西部の旧町域。宍粟郡一宮町 (現宍粟市) と区別して淡路一宮町と呼ばれた。淡路島の西浦,播磨灘に臨み,津名丘陵の西斜面を占める。 1955年郡家町,江井町の2町と尾崎村,多賀村の2村が合体して成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

一宮
いちのみや

岡山市西部にある地区。旧町名。 1971年岡山市に編入。備前一宮である吉備津彦神社の門前町であることがこの名がの由来。旧山陽道に沿い,辛川市場 (からかわいちば) など中世の市場町の地名も残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちのみや【一宮】[地名]

愛知県北西部の市。尾張一の宮真清田(ますみだ)神社の門前町として発展。毛織物機械工業アパレル産業が盛ん。平成17年(2005)4月、尾西(びさい)市、木曽川町を編入。人口37.6万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一宮【いちのみや】

岡山県岡山市の一地区。御津(みつ)郡の旧町。吉備(きび)高原南端が岡山平野に接する地で,備前一宮吉備津彦(きびつひこ)神社所在地

一宮【いちのみや】

古代末期から中世初頭にかけて発生した一種の社格。諸国において由緒が深く,最も崇敬を集め,経済的基盤も大きかった神社を称したようで,以下順次二宮・三宮も生じたが,神祇官国司が公式に定めたものではない。
→関連項目粟鹿神社伊雑宮河上神社事任神社籠神社神社都波岐神社宮津[市]由良比女神社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

一宮

 平安時代の中頃から国ごとに決められた社の格式です。その国の中で一番格上の社ということです。周防国では玉祖神社[たまのおやじんじゃ]が一宮になります。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いちのみや【一宮】

古代末期より中世初頭にかけてつけられたことに始まる社格の一種。《今昔物語集》に周防国の一宮玉祖大明神の名のみえるのが文献上の初見とされ,鳥取県の倭文(しどり)神社境内より出土の康和5年(1103)銘の経筒にも一宮の語がみられるが,およそそのころよりの呼称とみられる。それは,神祇官や国司が公式に定めつけたものではなく,民間でつけられたもので,それも諸国同時でなく,1165年(永万1)の〈神祇官諸社年貢注文〉よりも察せられるように,古代末期より中世初頭にかけ,逐次国ごとにつけられ,全国に及んだものとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いちのみや【一宮】

愛知県北西部、濃尾平野中部の市。尾張一の宮の真清田ますみだ神社の門前町・市場町として発展。毛織物工業が発達し、繊維問屋が多い。
千葉県東部、長生郡の町。上総一の宮の玉前たまさき神社がある。
山梨県中部、笛吹市の地名。甲斐一の宮の浅間せんげん神社がある。
兵庫県西部、宍粟しそう市の地名。播磨一の宮の伊和いわ神社がある。

いちのみや【一宮】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一宮の言及

【神道】より

…式内社に対しては,神祇官から奉幣することが定められていたが,平安時代のはじめに,遠隔地の神社には国司が代わって奉幣を行うようになったので,国司奉幣の神社は,神祇官奉幣の神社を官幣社と呼ぶのに対して,国幣社というようになった。 国司は任国に着くと,まず国内の主要な神社に参詣し,その後政務を執るように定められているが,その参拝の順序が固定して一宮(いちのみや),二宮,三宮の呼称がおこり,それが国内の神社の序列をあらわすことになった。さらに平安時代の末になると,国内の数々の神社を一社に統合して奉幣を簡略にすることもはじまり,そうした神社を総社(そうじや)と呼んだ。…

※「一宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一宮の関連キーワードラブ哀・愛・穢・隘・靄波雲の愛・真たとえば、愛パラサイト/愛の秘密Family 愛Land You1914/愛愛冠《‘愛’のかたち》

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一宮の関連情報