コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宮 いちのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一宮
いちのみや

山梨県中部,笛吹市北東部の旧町域。甲府盆地東部,金川扇状地の東部を占める。 1954年一宮村,浅間村,相興村が合体し町制。 2004年石和町,御坂町,八代町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。地名は甲斐一宮の浅間神社に由来するといわれる。養蚕が主産業であったが,昭和初期からモモ栽培が始まり,第2次世界大戦後には日本有数の産地となった。モモの花が満開になる4月初旬に桃祭が行なわれる。ブドウ栽培も盛ん。早くから開けた地域で,国分には国分寺跡,東原には国分尼寺跡があり,それぞれ国の史跡に指定。浅間神社摂社山宮神社本殿と,慈眼寺の本堂,鐘楼門,庫裏は国の重要文化財に指定されている。

一宮
いちのみや

愛知県南東部,豊川市東部の旧町域。 1961年町制。 2006年豊川市に編入。地名は三河国一ノ宮の砥鹿神社 (とがじんじゃ) に由来。豊橋平野の北部を占め,水田耕作を中心に野菜の生産性も高い。豊橋市から食品,金属,機械工場の進出が目立ち,宅地化が進んだ。本宮山は三河の霊峰。山麓一帯には古墳群があり,山頂には砥鹿神社の奥宮がある。本宮山県立自然公園に属する。

一宮
いちのみや

兵庫県中西部,宍粟市東部の旧町域。揖保川上流域にあり,淡路島の一宮町と区別して播磨一宮町と呼ばれた。 1956年神戸村,染河内村,下三方村の3村が合体して町制。同 1956年三方村,繁盛村の2村と合体。 2005年山崎町,波賀町,千種町の3町と合体し宍粟市となった。中国山地に含まれ,約 70%が山林で美林が多く,杉材を特産。因幡街道 (現国道 29号線) が通り,出雲文化の畿内進出の先駆となった地といわれる。南部にはオオクニヌシノミコトをまつる播磨一宮伊和神社があり,町名もこれにちなむ。南東部の雪彦山北西麓一帯は雪彦峰山県立自然公園に属する。

一宮
いちのみや

兵庫県南部,淡路市南西部の旧町域。宍粟郡一宮町 (現宍粟市) と区別して淡路一宮町と呼ばれた。淡路島の西浦,播磨灘に臨み,津名丘陵の西斜面を占める。 1955年郡家町,江井町の2町と尾崎村,多賀村の2村が合体して成立。 1956年山田村を編入。 2005年津名町,淡路町,北淡町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。中心集落の郡家は古くからの行政中心地で,海水浴場と釣りで知られ,その南の江井は線香の生産で有名。北部の尾崎,南部の山田は鳴門みかんの産地。中部の多賀にはイザナギノミコトをまつる淡路一宮いざなぎ神社 (現在,伊弉諾神宮) があり,町名もこれにちなんだ。

一宮
いちのみや

岡山市西部にある地区。旧町名。 1971年岡山市に編入。備前一宮である吉備津彦神社門前町であることがこの名がの由来。旧山陽道に沿い,辛川市場 (からかわいちば) など中世市場町の地名も残っている。北部の丘陵地帯はブドウの栽培が盛んで,マスカット・オブ・アレキサンドリアの特産地。岡山市街地に近く,住宅地化が急速に進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

一宮【いちのみや】

岡山県岡山市の一地区。御津(みつ)郡の旧町。吉備(きび)高原南端が岡山平野に接する地で,備前一宮吉備津彦(きびつひこ)神社の所在地。

一宮【いちのみや】

古代末期から中世初頭にかけて発生した一種の社格。諸国において由緒が深く,最も崇敬を集め,経済的基盤も大きかった神社を称したようで,以下順次二宮・三宮も生じたが,神祇官国司が公式に定めたものではない。
→関連項目粟鹿神社伊雑宮河上神社事任神社籠神社神社都波岐神社宮津[市]由良比女神社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちのみや【一宮】

古代末期より中世初頭にかけてつけられたことに始まる社格の一種。《今昔物語集》に周防国の一宮玉祖大明神の名のみえるのが文献上の初見とされ,鳥取県倭文(しどり)神社境内より出土の康和5年(1103)銘の経筒にも一宮の語がみられるが,およそそのころよりの呼称とみられる。それは,神祇官や国司が公式に定めつけたものではなく,民間でつけられたもので,それも諸国同時でなく,1165年(永万1)の〈神祇官諸社年貢注文〉よりも察せられるように,古代末期より中世初頭にかけ,逐次国ごとにつけられ,全国に及んだものとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちのみや【一宮】

愛知県北西部、濃尾平野中部の市。尾張一の宮の真清田ますみだ神社の門前町・市場町として発展。毛織物工業が発達し、繊維問屋が多い。
千葉県東部、長生郡の町。上総一の宮の玉前たまさき神社がある。
山梨県中部、笛吹市の地名。甲斐一の宮の浅間せんげん神社がある。
兵庫県西部、宍粟しそう市の地名。播磨一の宮の伊和いわ神社がある。

いちのみや【一宮】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一宮の言及

【神道】より

…式内社に対しては,神祇官から奉幣することが定められていたが,平安時代のはじめに,遠隔地の神社には国司が代わって奉幣を行うようになったので,国司奉幣の神社は,神祇官奉幣の神社を官幣社と呼ぶのに対して,国幣社というようになった。 国司は任国に着くと,まず国内の主要な神社に参詣し,その後政務を執るように定められているが,その参拝の順序が固定して一宮(いちのみや),二宮,三宮の呼称がおこり,それが国内の神社の序列をあらわすことになった。さらに平安時代の末になると,国内の数々の神社を一社に統合して奉幣を簡略にすることもはじまり,そうした神社を総社(そうじや)と呼んだ。…

※「一宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一宮の関連キーワード愛知県一宮市木曽川町内割田一の通り愛知県一宮市木曽川町内割田二の通り愛知県一宮市大和町宮地花池愛知県一宮市千秋町加納馬場愛知県一宮市木曽川町内割田愛知県一宮市千秋町穂積塚本愛知県一宮市丹陽町九日市場愛知県一宮市千秋町浅野羽根愛知県一宮市浅井町大日比野愛知県一宮市浅井町小日比野愛知県一宮市丹陽町五日市場愛知県一宮市丹陽町猿海道愛知県一宮市丹陽町多加木愛知県一宮市丹陽町伝法寺愛知県一宮市萩原町富田方愛知県一宮市丹陽町三ツ井愛知県一宮市萩原町河田方愛知県一宮市大和町南高井愛知県一宮市萩原町西御堂愛知県一宮市萩原町西宮重

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一宮の関連情報