コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝ふ/寿ふ ホカウ

デジタル大辞泉の解説

ほか・う〔ほかふ〕【祝ふ/寿ふ】

[動ハ四]《動詞「ほ(祝)く」の未然形に反復継続の助動詞「」の付いた語から。後世「ほがう」とも》よい結果が得られるように唱え、神に祈る。また、祝福する。ことほぐ。
「松のにはかに枯れけるを―・ひて人々歌よみけるに」〈続詞花・賀・詞書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

祝ふ/寿ふの関連キーワード祝・叔・夙・宿・淑・祝・粛・縮・肅一種一瓶湯立て

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android