コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝く/寿く ホク

デジタル大辞泉の解説

ほ・く【祝く/寿く】

[動カ四]《後世は「ほぐ」》
よい結果が得られるよう祝いの言葉を唱えて神に祈る。ことほぐ。
「あしひきの山の木末(こぬれ)の寄生(ほよ)取りて挿頭(かざ)しつらくは千年―・くとぞ」〈・四一三六〉
相手をのろって神に祈る。
「矢を取りて―・きてのたまはく」〈神代紀・下〉

ほさ・く【祝く/呪く】

[動カ四]
(祝く)祝いごとを述べる。ことほぐ。
「則ち以(も)て神―・き―・きき」〈神代紀・上〉
(呪く)祈って他人の不幸を願う。のろう。
「火の中に投げ入れむとして―・きて曰く」〈北野本欽明紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほさく【祝く】

( 動四 )
祝いの言葉を述べる。ことほぐ。ほぐ。 「則ち以て神かむ-・き-・きき/日本書紀 神代上訓注
のろう。 「 - ・きて曰く/日本書紀 欽明訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祝く/寿くの関連キーワード日本書紀祝ふ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android