コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝く/寿く ホク

デジタル大辞泉の解説

ほ・く【祝く/寿く】

[動カ四]《後世は「ほぐ」》
よい結果が得られるよう祝いの言葉を唱えて神に祈る。ことほぐ。
「あしひきの山の木末(こぬれ)の寄生(ほよ)取りて挿頭(かざ)しつらくは千年―・くとぞ」〈・四一三六〉
相手をのろって神に祈る。
「矢を取りて―・きてのたまはく」〈神代紀・下〉

ほさ・く【祝く/呪く】

[動カ四]
(祝く)祝いごとを述べる。ことほぐ。
「則ち以(も)て神―・き―・きき」〈神代紀・上〉
(呪く)祈って他人の不幸を願う。のろう。
「火の中に投げ入れむとして―・きて曰く」〈北野本欽明紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほさく【祝く】

( 動四 )
祝いの言葉を述べる。ことほぐ。ほぐ。 「則ち以て神かむ-・き-・きき/日本書紀 神代上訓注
のろう。 「 - ・きて曰く/日本書紀 欽明訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

祝く/寿くの関連キーワード日本書紀祝ふ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android