祝鯛(読み)いわいだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝鯛
いわいだい

静岡市でつくられる張り子製の郷土玩具(がんぐ)。2匹の赤い鯛を向かい合わせ、口の部分を藁(わら)で結んである。市内西宮神社で戎講(えびすこう)の前日の宵から明け方にかけ(10月19~20日)縁起物として売られる。福枡(ふくます)、福助、招き猫、千両箱などといっしょに祝い飾りとして吊(つ)るされる。松竹梅の造花を挿した大形もあり、15センチメートルから50センチメートルくらいまでの各種がみられる。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android