静岡市(読み)しずおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静岡〔市〕
しずおか

静岡県中部,駿河湾に面する市。県庁所在地。北部は大井川安倍川の上流域,身延山地南部を占めて山梨県と長野県に接する。1889年市制。1955年美和村,服織村,中藁科村,南藁科村の 4村,1969年大河内村,梅ヶ島村,玉川村,井川村,清沢村,大川村の 6村をそれぞれ編入。2003年清水市と合体。2005年政令指定都市となり,葵区駿河区清水区の 3区を設置。2006年蒲原町,2008年由比町を清水区に編入。中心市街地は安倍川下流左岸の扇状地に位置し,奈良時代には駿河国の国府が置かれ,戦国時代には今川氏が領し,駿府または府中と呼ばれた。天正10(1582)年徳川家康の領地となり,城下町として発展。また,諸大名の往来も激しく,東海道の宿場町としても繁栄した。特色ある家内工業が発達し,特に鏡台,家具,漆器,ひな道具など木工関連産業が行なわれ,今日では機械,金属,紡織,電気機器などの工業も進出。市内の茶町,安西地区に茶問屋が集中している。周辺の農村部ではチャ(茶),ミカンを多産し,久能山の石垣いちごは有名。沿岸ではサクラエビやシラスの水揚げが盛ん。名所旧跡に富み,久能山東照宮の社殿,霊山寺仁王門,神部神社・浅間神社・大歳御祖神社(3社を総称して静岡浅間神社と呼ばれる)の社殿,臨済寺本堂は国指定重要文化財。登呂遺跡は国の特別史跡,久能山,賤機山古墳,片山廃寺跡は国の史跡に指定。臨済寺庭園は国の名勝,龍華寺のソテツは国の天然記念物。柴屋寺庭園は国指定名勝および史跡。興津清見寺は境内が朝鮮通信使遺跡として国の史跡に,庭園が国の名勝に指定されている。葵区の有東木には国指定重要無形民俗文化財の有東木の盆踊が伝わる。市域北部の山間部は南アルプス国立公園および奥大井県立自然公園に,国指定名勝の日本平三保の松原(2013世界遺産の文化遺産に登録)などの景勝地がある南東部は日本平・三保の松原県立自然公園に属する。南部の市街地を東海道新幹線,JR東海道本線,静岡鉄道が通り,西部の井川から大井川鉄道井川線が川根本町に通じる。国道1号線,52号線,149号線,150号線,362号線が通り,東名高速道路のインターチェンジがある。面積 1411.9km2。人口 70万4989(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静岡市の関連情報