コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千両箱(読み)せんりょうばこ

デジタル大辞泉の解説

せんりょう‐ばこ〔センリヤウ‐〕【千両箱】

江戸時代の金貨幣保管用の容器。ふつう、小判千両を収納するので千両箱とよばれたが、二千両入り・五千両入りのものもあり、箱の大きさは一定しない。
多額の金銭を生み出すもと。
「お二人ながら竹屋の―でござります」〈洒・通言総籬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょうばこ【千両箱】

江戸時代に1000両の貨幣を収蔵することを目的として造られた箱。両箱は小判や一分金の25両包みが40個入れられた。大判用の千両箱もあり,安政期(1854‐60)以後には二分金用の千両箱も現れた。箱の用材には松やヒノキが使われ,角や重要なところは鉄板で補強され,運搬や貯蔵の便を与えていた。大きさには多くの種類が見られたが,縦40cm,横14.5cm,深さ12.3cmのものが比較的多い。なお千両箱には2000両くらい入れうる箱も見られ,また5000両入りや1万両入りのものも造られていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんりょうばこ【千両箱】

江戸時代、金貨幣容器の通称。本来小判千両を収納したことからの名称だが、容量・大きさ・様式など種々のものがあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千両箱
せんりょうばこ

江戸時代における金貨の貯蔵および運搬のための容器。松または檜(ひのき)の頑丈な用材でつくられ、定形はないが、おおよそ縦15~25センチメートル、横40~50センチメートル、高さ10~15センチメートルの大きさで、空き箱だけでも約一貫目(3.75キログラム)の重量があった。もともと金一千両の小判ないし二分判を入れるものであったが、江戸後期における貨幣改鋳に伴う小判の小型化により、一千両入りのほか、二千両、五千両入りのものもつくられた。また、一種の手箱形金庫ともいうべき50~100両入りの小型金箱も現れた。ただし、一般に金「一箱」は一千両をさした。なお、銀貨、銭貨についてはそれぞれ銀箱、銭箱(ぜにばこ)があった。[岩橋 勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千両箱の関連情報