コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神代直人 こうじろ なおと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神代直人 こうじろ-なおと

1842-1869 幕末-明治時代の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の尊攘(そんじょう)派。大楽(だいらく)源太郎の西山塾にはいる。明治2年同塾の太田光太郎らとともに大村益次郎の暗殺を計画,京都でおそい負傷させる。逃走中郷里近くの小郡(おごおり)で逮捕され,同年10月10日処刑された。28歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

神代直人

没年:明治2.10.10(1869.11.13)
生年:生年不詳
幕末の長州(萩)藩士。大楽源太郎の影響を受け,激烈,熱狂的な尊攘派の志士。御楯隊に籍を置いたことがある。明治2(1869)年9月,兵部大輔大村益次郎を京に襲撃。逃走中を小郡に捕らえられ,萩で斬首された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

神代直人の関連キーワード静間彦太郎関島金一郎明治時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android