小郡(読み)おごおり

  • おごおり をごほり
  • おごおり〔をごほり〕
  • しょうぐん セウ‥
  • しょうぐん〔セウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口県中部,山口市西部の旧町域。山口盆地南端にある。 1901年町制。 1944年山口に編入されたが 1949年分離。 2005年山口市,徳地町,秋穂町,阿知須町の1市3町と合体して山口市となった。かつては椹野川河港で,山口盆地と周防灘を結ぶ要地であった。近世以降は干拓が進んだ。主要鉄道が分岐し,国道が交差する交通の中心地で,県都山口市の西の玄関にあたる。農業化学工業基幹産業であるが,県内流通部門の中核都市でもある。ナギ (梛)の自生北限地帯として 1922年国の天然記念物に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

山口県山口市の地名。旧町名。山陽新幹線山陽本線が通じ、山口線宇部線が分岐する鉄道交通の要地。
福岡県中西部の市。米・麦の栽培などが行われるが、近年都市化が著しい。人口5.9万(2010)。
古代のの大きさによる等級のうち、最小のもの。50戸を1里として、2里または3里を小郡とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口県南西部、吉敷郡(よしきぐん)にあった旧町名(小郡町(ちょう))。現在は山口市の中西部を占める地域。椹野(ふしの)川下流に位置し、山口盆地への入口にあたる。旧小郡町は1901年(明治34)町制施行。1944年(昭和19)山口市に合併されたが、1949年分離独立。2005年(平成17)ふたたび山口市と合併した。古代の東大寺領椹野庄(しょう)の一部で、中世には河口港津市(ついち)が大内氏の城下山口の外港として栄えた。近世には萩(はぎ)藩小郡宰判勘場(さいばんかんば)(代官所)が置かれ、また山陽道の宿駅、市場(いちば)町として発達した。明治以降、山陽本線と山口線、宇部線の分かれる交通の要地となり、機関区のある鉄道の町となった。山口市の玄関口にあたり、1975年山陽新幹線の小郡駅(2003年「新山口駅」に改名)が設置され、駅前の都市開発が進んでいる。国道2号、9号が通じ、中国自動車道小郡インターチェンジがあり、県総合交通センターや県流通センターも設置されている。商業、交通の就業率が高く、自動車関連産業が集まっている。

[三浦 肇]

『『小郡町史』(1957・小郡町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 福岡県中西部の地名。福岡、久留米両市の住宅衛星都市として発展。昭和四七年(一九七二)市制。
[二] 山口県中南部の地名。古来陸上交通の要地で、江戸時代には本陣・代官所が置かれた。山陽新幹線・山陽本線が通じ、山口線・宇部線が分岐する。
〘名〙
① 小さな郡。〔梁知微‐入朝別張燕公詩〕
② 古代の郡の、大きさによる等級区分で最下位のもの。一里五〇戸として大化改新の詔では三里、養老令では三里または二里で領一人、主帳一人を置くと定められている。〔令義解(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小郡の言及

【郡】より

…中国の郡県制に淵源し,日本での初見は《日本書紀》大化2年(646)正月条の〈改新之詔〉に〈凡そ郡は四十里をもって大郡とせよ。三十里以下,四里より以上を中郡とし,三里を小郡とせよ〉とあり,このとき郡制が施行されたかのように記されているが,孝徳朝の649年(大化5)に(こおり)制が施行されて以来,7世紀の後半を通じて国の下の行政単位が一貫して評であったことは,金石文や木簡などの当時の史料から確かめられている。評も郡もともに〈こおり〉と読まれたらしいが,郡は評を継承しつつ701年(大宝1)の大宝令の制定とともに始まり,〈改新之詔〉はそれにもとづいて作文されたものと考えられている。…

※「小郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android