コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神国論 しんこくろん De civitate Dei

1件 の用語解説(神国論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神国論
しんこくろん
De civitate Dei

22巻に及ぶアウグスチヌスの主著。 413~426/7年に書かれた。 410年にアラリック1世の率いるゴート族ローマに侵入,占領した事件について異教徒側からのキリスト教攻撃がなされたとき,アウグスチヌスは『神国論』を次々と公にし,神の国と地の国とを対立させてキリスト教を擁護した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神国論の関連キーワード聖アウグスティヌス修道院書斎の聖アウグスティヌス聖アウグスティヌスの幻視太田アウグスチノアウグスティヌス会《アウグスティヌス》アウグスティヌス会則アウグスティヌス修道参事会《三位一体論》(アウグスティヌス)プラトン=アウグスティヌス主義

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神国論の関連情報