コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神後宗治 じんご むねはる

1件 の用語解説(神後宗治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神後宗治 じんご-むねはる

?-? 織豊時代の剣術家。
武蔵(むさし)八王子(東京都)出身で,もと上野(こうずけ)(群馬県)箕輪(みのわ)城主長野氏の臣という。上泉伊勢守(こういずみ-いせのかみ)にまなび,新陰流の奥義をきわめる。将軍足利義輝(よしてる),関白豊臣秀次(ひでつぐ)の剣術師範をつとめた。門弟に服部藤次兵衛ら。通称は伊豆守(いずのかみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone