コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神後宗治 じんご むねはる

1件 の用語解説(神後宗治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神後宗治 じんご-むねはる

?-? 織豊時代の剣術家。
武蔵(むさし)八王子(東京都)出身で,もと上野(こうずけ)(群馬県)箕輪(みのわ)城主長野氏の臣という。上泉伊勢守(こういずみ-いせのかみ)にまなび,新陰流の奥義をきわめる。将軍足利義輝(よしてる),関白豊臣秀次(ひでつぐ)の剣術師範をつとめた。門弟に服部藤次兵衛ら。通称は伊豆守(いずのかみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

神後宗治の関連キーワード武蔵野陵武蔵〈町〉有馬乾信大野将監大橋勘解由左衛門小松一卜斎新免無二斎富田景政戸田清玄水谷八弥