コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八王子 はちおうじ

5件 の用語解説(八王子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八王子
はちおうじ

アマテラスオオミカミがスサノオノミコトと誓約したときに出現したタキリビメノミコト (オキツシマヒメノミコト) ,タギツヒメノミコト,イチキシマヒメノミコトの3女神,およびアメノオシホミミノミコト,アメノホヒノミコト,アマツヒコネノミコト,イクツヒコネノミコト,クマヌクスビノミコトの5男神をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はち‐おうじ〔‐ワウジ〕【八王子】

記紀神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)と誓約をしたときに出現した五男三女神。また、それを合わせ祭る神社。
比叡山山王七社の第四社。
過去世に現れた日月灯明仏が出家以前にもうけた八人の王子。

はちおうじ【八王子】[地名]

東京都南西部の市。もと甲州街道の宿場町。絹織物の機業・集散地として発達し、桑都(そうと)と呼ばれた。現在は精密機器などの工業も盛ん。大学が多く、住宅地。高尾山滝山城跡がある。人口58.0万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はちおうじ【八王子】

二万の日月灯明仏の最後の一人が出家する以前にもうけた八人の王子。
中古以降の神仏習合思想で、を記紀神話の天照大神と素戔嗚尊すさのおのみことが天の安の河で誓約をした時に出生したとされる五男三女になぞらえたもの。また、その八人を合わせまつる神社の称。
比叡山の山王七社の第四社。

はちおうじ【八王子】

東京都南西部にある市。江戸時代、甲州街道の宿場町。機業を中心とする商工業地として発展。現在は電気機器・精密機器・化学工業などが立地。住宅地化が進む。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八王子の言及

【王子信仰】より

…第五所の意)があった。次に《法華経序品》に出ている八王子を,《古事記》《日本書紀》所載の天照大神と素戔嗚尊(すさのおのみこと)との天真名井(あめのまない)での誓約の際に出現した5男3女神に付会することが行われた。それはまず祇園牛頭(ごず)天王の眷属神の形で認められ,ついで山王権現の諸社にも数えられるようになった。…

※「八王子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八王子の関連情報