八王子(読み)はちおうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八王子
はちおうじ

アマテラスオオミカミがスサノオノミコトと誓約したときに出現したタキリビメノミコト (オキツシマヒメノミコト) ,タギツヒメノミコト,イチキシマヒメノミコトの3女神,およびアメノオシホミミノミコト,アメノホヒノミコト,アマツヒコネノミコト,イクツヒコネノミコト,クマヌクスビノミコトの5男神をいう。またスサノオノミコトの3女5男をもいう。また,牛頭 (ごず) 天王 (武塔天神) が薩迦陀 (さっかだ) との間に産んだ3女5男をさすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はち‐おうじ〔‐ワウジ〕【八王子】

記紀神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)と誓約をしたときに出現した五男三女神。また、それを合わせ祭る神社
比叡山山王七社の第四社。
過去世に現れた日月灯明仏が出家以前にもうけた八人の王子

はちおうじ【八王子】[地名]

東京都南西部の市。もと甲州街道宿場町絹織物の機業・集散地として発達し、桑都(そうと)と呼ばれた。現在は精密機器などの工業も盛ん。大学が多く、住宅地。高尾山滝山城跡がある。人口58.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はち‐おうじ ‥ワウジ【八王子】

[1]
[一] 天照大神(あまてらすおおみかみ)が素戔嗚尊(すさのおのみこと)と誓約した時に出現したといわれる五男三女神。また、その五男三女神を合わせまつる神社をもいう。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「御本社の中央は大政所牛頭天皇、東の間は八王子、西の間は稲田姫」
[二] 仏語。
① 二万の日月灯明仏の最後の日月灯明仏が出家しない以前にもうけた八人の王子。この八王子もつぎつぎに出家し、その第八王子が燃灯仏であるという。〔法華経‐序品〕
② 山王七社の一つ、第四社。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
[三] 東京都西部の地名。中世からの市場町で、江戸時代は甲州街道の宿駅として発展。絹織物の歴史も古く関東五大機業地の一つに数えられ、ネクタイ生産が盛んであった。第二次世界大戦後、大学が進出し、学園都市を形成。大正六年(一九一七)市制。
[2] 〘名〙 柿の品種の一つ。筆柿(ふでがき)
※俳諧・崑山集(1651)一一「客人にすすむる柿や八王子〈貞利〉 柿づきんかぶれあたまのはち王子〈易延〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八王子の言及

【王子信仰】より

…第五所の意)があった。次に《法華経序品》に出ている八王子を,《古事記》《日本書紀》所載の天照大神と素戔嗚尊(すさのおのみこと)との天真名井(あめのまない)での誓約の際に出現した5男3女神に付会することが行われた。それはまず祇園牛頭(ごず)天王の眷属神の形で認められ,ついで山王権現の諸社にも数えられるようになった。…

※「八王子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報