箕輪(読み)みのわ

大辞林 第三版の解説

みのわ【箕輪】

長野県南部、上伊那郡の町。伊那盆地の北部に位置し、天竜川が南流。三州街道の旧宿駅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

箕輪【みのわ】

中世の豪族屋敷を中心とし,そのまわりに農民が住んで発達した集落。関東地方に多くみられ,これに由来する地名も少なくない。→根小屋
→関連項目堀の内

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕輪
みのわ

群馬県高崎市の中北部にある地名。榛名(はるな)山の南東斜面末端部に位置する旧箕郷町(みさとまち)の中心集落。中世末から近世初期に箕輪城の城下町で、現在、国指定史跡の箕輪城跡に堀、城門跡などが残っている。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐の‐わ【箕輪】

[1] 中部地方以東で、砦(とりで)を中心に発達した村をいう。突出した丘の周囲を取り囲んだ村落が箕の形に似ているところからいう。
[2] 長野県中南部の地名。伊那盆地の北部にあり、三州街道伊那街道)沿いの町として発達。時計・電子部品などの工場がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箕輪の関連情報