コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いせ イセ

デジタル大辞泉の解説

いせ

動詞「いせる」の連用形から》裁縫技法の一。洋服の袖山、たびのつま先などを縫うとき、長短2枚の布の長い方を縮めて丸みやふくらみを出すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いせ【hanging ratio】

網漁具を構成する際,網地をにとりつけるときにたるませる割合。縮結(しゆつけつ)ともいう。網地の長さは網目を完全に引きのばした状態で測るので,網地を同じ長さの綱につけたのでは網の目が開かない。網地の長さ(N)から綱の長さ(R)を引いて,綱の長さで割ったもの(NR)/Rを外割(そとわり),網地の長さで割ったもの(NR)/N内割(うちわり)という。東北・北海道地方では外割を用いるが,一般には内割を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

いせの関連キーワード伊茶仁カリカリウス遺跡北条新左衛門銭瓶塚古墳ベクトル積三本木遺跡ワレ塚古墳須玖遺跡群斐太遺跡伊勢貞慶狐塚古墳処女生殖吹上遺跡単性生殖古道遺跡岡本遺跡井関英助伊勢木綿ホマーテ釜蓋遺跡平原遺跡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いせの関連情報