いせ(読み)イセ

世界大百科事典 第2版の解説

いせ【hanging ratio】

網漁具を構成する際,網地にとりつけるときにたるませる割合。縮結(しゆつけつ)ともいう。網地の長さは網目を完全に引きのばした状態で測るので,網地を同じ長さの綱につけたのでは網の目が開かない。網地の長さ(N)から綱の長さ(R)を引いて,綱の長さで割ったもの(NR)/Rを外割(そとわり),網地の長さで割ったもの(NR)/N内割(うちわり)という。東北・北海道地方では外割を用いるが,一般には内割を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いせ

〘名〙 (下一段動詞「いせる」の連用形の名詞化)
① 着物などを縫い合わせる時、長短二枚の長い方をちぢめて縫うこと。ぬいしめ。
※家庭袋物細工全書(1915)〈中村興湖・村井秋翠〉「勢ひ其長い方を縮ませて合せて縫ふ様になります。斯くの如き縮ませを縮(イ)せを取ると申します」
漁網を作る場合に、綱に対して網地をたるませてつけること。いさり。よせ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いせの関連情報