いせ

精選版 日本国語大辞典「いせ」の解説

いせ

〘名〙 (下一段動詞「いせる」の連用形の名詞化)
着物などを縫い合わせる時、長短二枚の長い方をちぢめて縫うこと。ぬいしめ。
※家庭袋物細工全書(1915)〈中村興湖・村井秋翠〉「勢ひ其長い方を縮ませて合せて縫ふ様になります。斯くの如き縮ませを縮(イ)せを取ると申します」
漁網を作る場合に、に対して網地をたるませてつけること。いさり。よせ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「いせ」の解説

いせ

《動詞「いせる」の連用形から》裁縫技法の一。洋服の袖山、たびのつま先などを縫うとき、長短2枚の布の長い方を縮めて丸みやふくらみを出すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「いせ」の解説

いせ【hanging ratio】

網漁具を構成する際,網地を綱にとりつけるときにたるませる割合縮結(しゆつけつ)ともいう。網地の長さは網目を完全に引きのばした状態で測るので,網地を同じ長さの綱につけたのでは網の目が開かない。網地の長さ(N)から綱の長さ(R)を引いて,綱の長さで割ったもの(NR)/Rを外割(そとわり),網地の長さで割ったもの(NR)/Nを内割(うちわり)という。東北・北海道地方では外割を用いるが,一般には内割を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android