いせ(読み)イセ

世界大百科事典 第2版の解説

いせ【hanging ratio】

網漁具を構成する際,網地をにとりつけるときにたるませる割合。縮結(しゆつけつ)ともいう。網地の長さは網目を完全に引きのばした状態で測るので,網地を同じ長さの綱につけたのでは網の目が開かない。網地の長さ(N)から綱の長さ(R)を引いて,綱の長さで割ったもの(NR)/Rを外割(そとわり),網地の長さで割ったもの(NR)/N内割(うちわり)という。東北・北海道地方では外割を用いるが,一般には内割を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

いせの関連情報