神文鉄火(読み)シンモンテッカ

デジタル大辞泉の解説

しんもん‐てっか〔‐テツクワ〕【神文鉄火】

神に誓いの言葉を述べ、赤熱した鉄を握って身の潔白を証明すること。→鉄火6
「面々の身晴れに―、といふ人あり」〈浮・桜陰比事・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんもんてっか【神文鉄火】

神に誓う言葉を述べて、熱した鉄を握り、正しい心のあかしとすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんもん‐てっか ‥テックヮ【神文鉄火】

〘名〙 神に誓うことばを述べ、赤く焼いた鉄を握り、身の潔白を証明すること。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)一「面々の身晴に神文鉄火(シンモンテック)といふ人有中にも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android