神日(読み)じんにち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神日 じんにち

860-916 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)2年生まれ。真言宗。京都愛宕(あたご)山の白雲寺で円城寺の益信(やくしん)から灌頂(かんじょう)をうけ,玄静(げんじょう),延性(えんしょう)にまなぶ。白雲寺の上綱(じょうごう)をつとめ,延喜(えんぎ)16年律師となる。延喜16年11月27日死去。57歳。通称は白雲上綱。著作に「五秘密念誦次第」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神日の関連情報