耶律阿保機(読み)ヤリツアボキ

デジタル大辞泉 「耶律阿保機」の意味・読み・例文・類語

やりつ‐あぼき【耶律阿保機】

[872~926]中国、りょうの初代皇帝。在位916~926。廟号びょうごう太祖末の907年、契丹八部を統一してハン位につき、のち皇帝となった。しばしば長城を越えて華北に侵入。西方の諸部族を征服するとともに、926年渤海国を滅ぼし、中国東北部からモンゴル高原を支配する一大帝国とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「耶律阿保機」の意味・読み・例文・類語

やりつ‐あぼき【耶律阿保機】

  1. 中国遼の創始者(在位九一六‐九二六)。廟号は太祖。唐末に契丹諸部族を統合して皇帝となる。北中国へ侵入し、渤海(ぼっかい)を滅ぼし、中国東北部、モンゴル高原に支配権を確立した。(八七二‐九二六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「耶律阿保機」の意味・わかりやすい解説

耶律阿保機
やりつあぼき
(872―926)

中国、遼(りょう)(契丹(きったん))国の建設者(在位916~926)。廟(びょう)号は太祖。耶律が姓、諱(いみな)は億(おく)、阿保機は字(あざな)。契丹の迭剌(てつら)部の人。901年契丹の遙輦(ようれん)部の痕徳菫(こんとくきん)が可汗(かがん)になると、阿保機は痕徳菫のもとで迭剌部の夷離菫〔(いりきん)、首長(しゅちょう)〕となり、翌902年、河東(山西省中南部)、代北(山西省北部)地方を侵略し、多数の人民を強制的に連れ帰り、シラムレン川とラオハ川の合流点付近に竜化州を設置し、ここに住まわせた。契丹族は8部からなり、8部の長から選ばれた者が交替で大君長に就任することになっていたが、阿保機は君長交替制を打破し、部内を制圧し、遙輦氏にかわって自立し、907年即位して可汗位につき、中国風に皇帝と称した(第一次即位)。ついで君主権の強化に努め、916年竜化州において大聖大明天皇帝の位についた(第二次即位)。同年7月、阿保機はタングート(党項)、吐谷渾(とよくこん)、沙陀(さだ)など諸部を親征し、また長城を越えて華北に侵入し、蔚(うつ)州(河北省蔚県)、新州〔河北省承鹿(しょうろく)県〕などを攻め、西南面招討司を嬀(き)州(河北省懐来県)に設置した。921年阿保機自ら大軍を率い、檀〔(だん)、河北省密雲県〕、順(河北省順義県)、安遠軍〔河北省薊(けい)県付近〕などの河北の10余城を陥れ、その住民を契丹各地に移し、原住地と同名の州県を設けて住まわせ、農耕その他の生産に従事させ、契丹国の財政的基盤としている。

 924年6月から翌年9月まで堯骨(ぎょうこつ)(後の太宗)を従え西方諸部族への征服戦を行い、阿保機自ら古回鶻(かいこつ)城(オルホン川上流のハラバルガスン)を経て蒲類(ほるい)海(バルクール湖)まで遠征し、堯骨の軍はオルドスの吐谷渾部、党項部を遠征した。このようにして後顧の憂いを絶ったのち、925年12月、渤海(ぼっかい)国の遠征に出発し、926年正月、渤海国扶余(ふよ)府〔吉林(きつりん)省農安県〕を陥れ、首都忽汗(こっかん)城〔黒竜江省寧安(ねいあん)県〕を陥落させて渤海国を滅ぼし、渤海国を東丹国と改め、旧首都を天福城と改称し、皇太子の倍(ばい)を東丹国王としてこの国を統治させることとし帰国の途についた。しかしその途中、同年7月、扶余府において死亡した。阿保機は祖陵に葬られた。祖陵に奉仕する奉陵邑(ほうりょうゆう)として設置されたのが祖州で、遼の上京臨潢(おう)府(内モンゴル自治区巴林(はりん)左翼旗林東市)の南西約30余キロメートルのモンチョックト山の土城址(し)が祖州城址といわれる。

[河内良弘]

『田村実造著『中国征服王朝の研究 上』(1964・東洋史研究会)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「耶律阿保機」の意味・わかりやすい解説

耶律阿保機 (やりつあぼき)
Yē lǜ Ā bǎo jī
生没年:872-926

中国,契丹()の創設者。太祖。在位916-926。契丹族の迭剌(てつら)部の出身。はじめ痕徳菫(こんとくきん)可汗に仕えて契丹の全軍を統率する夷离菫(いりきん)に任命され,契丹と同族に近い奚(けい)部族をしたがえ,さらに華北に侵入し,おびただしい戦利品とともに多数の中国人を捕らえ,これを契丹内地にうつした。なお,〈阿保機〉には略奪者の意味があり,彼が,外征によっておびただしい戦利獲得品をもたらしたことによってつけられた美称である,とする説もある。彼は,しばしば捕虜として契丹に連れかえった中国人を農耕に従事させることによって,その経済的な基礎を固めるとともに,中国文化の摂取につとめたが,それらの中国人のうちから,韓延徽(かんえんき),韓知古,康黙記ら,有能なものを登用し,その協力によって実力をたくわえ,痕徳菫可汗の死後,きわめて順調にその後継者に擁立され,中国にならって皇帝を称し,神冊と建元した(916)太祖である。

 阿保機は,そのころ中国が唐末五代の混乱期にあたっていたのに乗じ,中国征覇の野望をいだいた。そのためには,まず東西の諸部族を従えて後顧の憂いをなくしておくことが必要であった。彼は,突厥(とつくつ),タングート,ウイグルなどの西方諸部族を再度征服して,外モンゴルから東トルキスタンまでを制圧した。つぎに,東方に兵を動かして,中国東北地方東半を領有していた渤海(ぼつかい)国を滅ぼし,その故地を手中におさめて東丹国をたて,皇太子耶律倍にこの国の経営をゆだね,本国への凱旋の途中,扶余府(吉林省農安県)で病没し,その事業は次男徳光(太宗)によって継承されることとなる。

 阿保機は,自国内に移した中国人のために,州・県を設置し,中国人に,その故郷におけると同様の生活を営ませた。これは,遊牧民である契丹人と,定着農耕の民である中国人との生活形態の相違を洞察した上での処置であり,中国人の農耕技術を活用するのに最適の方法と信じたからであった。なお契丹人に対しては従来の部族制によって統治したことはいうまでもない。この方針は遼一代を通じて変わることなく行われた。しかしそのために,契丹人と漢人との融合は行われにくく,これが遼の弱点となることを免れなかった。なお,阿保機は920年(神冊5)契丹字(大字)を創制したが,のち,その繁雑不便なことを知って,小字をつくらせて使用させた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「耶律阿保機」の意味・わかりやすい解説

耶律阿保機
やりつあぼき
Ye-lü A-bao-ji; Yeh-lü A-pao-chi

[生]咸通13(872)
[没]天顕1(926)
中国,の第1代皇帝 (在位 916~926) 。廟号は太祖。諡は大聖大明神烈天皇帝。契丹の迭剌 (てつら) 部出身。勇智があり騎射に巧みで,奚 (けい) ,室韋,女真諸族を討ち,捕虜にした中国人や国内の紛乱を避けて逃入した中国人を農耕につかせ,政治に登用し次第に実力をたくわえ,ついに8部に分れていた契丹諸部を統一した。 916年皇帝を称し,神冊と建元,次いで天賛3 (924) ,同4年阻卜 (そぼく) ,タングート (党項)吐谷渾 (とよくこん) 諸族を討ち,外モンゴル,東トルキスタン方面を押え,翌年東の渤海国を討滅して東丹国を建て,長子の耶律倍をその王にして満州を押え,帰国の途中没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「耶律阿保機」の解説

耶律阿保機(やりつあぼき)
Yelü Abaoji

872~926(在位916~926)

国の建設者。廟号は太祖。契丹(きったん)8部族の一つ迭剌部(てつらぶ)に生まれる。部下に登用した漢人の政治,経済,文化上の協力により実力を蓄え,契丹部族を統合し,916年中国風に神冊(しんさく)と建元し皇帝を称した。阿保機は中原征服をめざし,突厥(とっけつ)タングートウイグルの諸部族を親征し,渤海(ぼっかい)国を滅ぼして東丹(とうたん)国を建てたが,凱旋の途中,扶余(ふよ)府で没した。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

百科事典マイペディア 「耶律阿保機」の意味・わかりやすい解説

耶律阿保機【やりつあぼき】

中国,の建国者(太祖)。契丹(きったん)の迭剌部(てつらぶ)出身。諸部族を統合,916年皇帝と称し,神冊(しんさく)と建元。東西の経略をすすめ,中原征服を目ざし,突厥(とっくつ),タングート,ウイグルの諸族を親征して帝国の基礎を確立。926年渤海(ぼっかい)を滅ぼして東丹国を建てたが,その帰途に病死。
→関連項目太祖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「耶律阿保機」の解説

耶律 阿保機
やりつあぼき

872〜926
遼の初代皇帝,太祖(在位916〜926)
916年,契丹諸部族を統一。突厥 (とつけつ) ・ウイグル・タングートなど西方諸部族を征し,また926年渤海 (ぼつかい) を滅ぼしたが,帰途病没。しばしば華北に侵入して漢人を連れ帰り,農業に従事させて経済的基礎を固めた。漢文化の摂取につとめたが,他方,契丹 (きつたん) 文字の制作など,契丹民族独自の文化を高めた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android