コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益信 やくしん

7件 の用語解説(益信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益信
やくしん

[生]天長3(826)
[没]延喜6(906).3.
平安時代真言宗僧。幼年時代に奈良の大安寺で出家し,法相,密教の学を修めた。寛平2 (890) 年東寺の長者となり,宇多天皇の帰信を受け,昌泰2 (899) 年に授戒し,延喜1 (901) 年伝法灌頂を授けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やくしん【益信】

[827~906]平安前期の真言宗の僧。備後(びんご)の人。奈良大安寺で出家して密教法相(ほっそう)宗を学び、東寺長者・東大寺別当となった。宇多天皇出家の際の戒師で、円城寺の開山。その法流は寛朝に至って広沢流とよばれる。勅諡号(ちょくしごう)、本覚大師。通称、円城寺僧正。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益信 やくしん

827-906 平安時代前期の僧。
天長4年生まれ。真言宗広沢流の祖。法相(ほっそう)をおさめたのち東寺の宗叡(しゅえい)にまなび,源仁に灌頂(かんじょう)をうける。東寺長者,東大寺別当となり,昌泰(しょうたい)2年宇多上皇出家の戒師をつとめ,3年僧正。のち円成(城)寺をひらき,円成寺僧正ともよばれた。延喜(えんぎ)6年3月7日死去。80歳。備後(びんご)(広島県)出身。俗姓は品治(ほんじ)。諡号(しごう)は本覚大師。

益信 えきしん

やくしん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やくしん【益信】

827‐906(天長4‐延喜6)
平安前期の真言宗の僧。備前の人,品治氏の出で,本姓紀氏。石清水八幡宮を勧請した行教の兄と伝える。幼時大安寺に入り,出家受戒後,元興寺の明詮に法相を学び,ついで東寺の宗叡,源仁に密教を学んで,887年(仁和3)に源仁から密教の奥義を授けられ,翌年,権律師,東寺二長者に補せられた。さらに,891年(寛平3)第7代の東寺一長者に,894年,東大寺別当・法務に任ぜられるというように,仏教界の要職に就いた。当時,仏教に心を傾けていた宇多上皇は,899年(昌泰2),仁和寺で益信を戒師として出家した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やくしん【益信】

827~906) 平安前期の真言宗の僧。備後の人。広沢流の祖。東寺長者。また、洛東の円城寺の開山。宇多天皇への授戒・伝法灌頂かんじようを行う。本覚大師。円城寺僧正。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

益信
やくしん
(827―906)

平安前期の真言(しんごん)宗の僧。備後(びんご)国(広島県)の人。若年で南都大安寺(だいあんじ)に住し、元興寺(がんごうじ)明詮(みょうせん)に法相(ほっそう)を学び、宗叡(しゅうえい)に密教を学ぶ。887年(仁和3)源仁(げんにん)から伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受け阿闍梨(あじゃり)となる。891年(寛平3)東寺(とうじ)第7代長者、894年東大寺別当、899年(昌泰2)宇多(うだ)天皇出家の戒師となり、901年(延喜1)に伝法灌頂を授ける。また、尚侍(しょうじ)藤原淑子(よしこ)の病気平癒に霊験あって、深く帰依(きえ)を受け、東山の山荘を賜って寺とした。これを円城寺といい、ここに寂したので円城寺僧正といわれる。彼の法流を継ぐ寛朝(かんちょう)がのちに嵯峨(さが)広沢(ひろさわ)の遍照寺(へんじょうじ)に住して法流を大いに広めたところから、広沢流の名がおこったが、広沢流の祖師は益信に帰せられる。1308年(延慶1)本覚(ほんがく)大師の号を賜る。著作は多数ある。[平井宥慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

益信の関連キーワード阿波閑々子弘法大師理源大師瑜伽乗院亮深覚勝院亮怒三宝院義演真雅真言宗智山派行巡教如(2)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

益信の関連情報