神楽和琴秘譜(読み)かぐらわごんひふ

精選版 日本国語大辞典 「神楽和琴秘譜」の意味・読み・例文・類語

かぐらわごんひふ【神楽和琴秘譜】

  1. 神楽楽譜写本。一巻。縦二八・五センチメートル、全長三九八・四センチメートル。本歌と末歌各一六篇を収録し、歌声の長短緩急と拍子を、朱または墨書で注している。類書中最古の写本で平安中期の書写巻末に近衛基熙(もとひろ)による元祿七年(一六九四)の後書きがある。国宝

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android