歌声(読み)かせい

精選版 日本国語大辞典 「歌声」の意味・読み・例文・類語

か‐せい【歌声】

〘名〙 うたをうたう声。うたごえ。
懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈背奈行文〉「盃酒皆有月。歌声共逐風」 〔漢書‐元帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「歌声」の意味・読み・例文・類語

か‐せい【歌声】

うたう声。うたごえ。

うた‐ごえ〔‐ごゑ〕【歌声】

歌をうたう声。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「歌声」の読み・字形・画数・意味

【歌声】かせい

歌ごえ。唐・杜甫〔楽遊園歌〕詩 水を拂うて低回し、(ひるがへ)り 雲に(よ)りて切、歌聲上る 却ってふ、年年、人へる時 只今未だはざるに、已に先づ悲し

字通「歌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の歌声の言及

【声】より

…あるいは,気管の入口(気管孔)からの呼気で一種の笛を鳴らして音をつくる方法もあり,これらの器械を総称して人工喉頭とよぶことがある。
[歌声]
 歌声も声の一種であるが,ふつうの話声と違った点があることが知られている。とくに,歌声としてよい響きのある声では,倍音の性質に特徴があり,2~3kHzくらいの成分のエネルギーが強いことが知られている。…

※「歌声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android