歌声(読み)かせい

精選版 日本国語大辞典「歌声」の解説

か‐せい【歌声】

〘名〙 うたをうたう。うたごえ。
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈背奈行文〉「盃酒皆有月。歌声共逐風」 〔漢書‐元帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歌声」の解説

うた‐ごえ〔‐ごゑ〕【歌声】

歌をうたう声。

か‐せい【歌声】

うたう声。うたごえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歌声の言及

【声】より

…あるいは,気管の入口(気管孔)からの呼気で一種の笛を鳴らして音をつくる方法もあり,これらの器械を総称して人工喉頭とよぶことがある。
[歌声]
 歌声も声の一種であるが,ふつうの話声と違った点があることが知られている。とくに,歌声としてよい響きのある声では,倍音の性質に特徴があり,2~3kHzくらいの成分のエネルギーが強いことが知られている。…

※「歌声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android