神楽師(読み)カグラシ

精選版 日本国語大辞典の解説

かぐら‐し【神楽師】

〘名〙 里神楽を舞うのを業とする人。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉上「これ都下の神楽と称するは、神子の榊、幣などを持ち鈴を振りて舞ふもの(俗にお鈴の舞、または榊の舞といふ)の外、特に神楽師(カグラシ)と称するものありて、一種の散楽を演奏するによるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神楽師の関連情報