神機(読み)しんき

精選版 日本国語大辞典「神機」の解説

しん‐き【神機】

〘名〙 不思議なはたらき。妙なはたらき。はかり知ることのできない機略
※本朝文粋(1060頃)三・漏尅〈都良香〉「莫天道而垂法。叶神機而裁上レ規」 〔後漢書‐皇甫嵩伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「神機」の解説

【神機】しんき

霊妙なはたらき。〔欧陽少師()、畜(たくは)ふる所の石を賦せしむ〕 巧思、發する無し して霏(えんぴ)(や、もや)と爲りて、石中に淪(しづ)まん

字通「神」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android