神機(読み)シンキ

大辞林 第三版の解説

しんき【神機】

霊妙なはたらき。はかり知れない機略。 「 -縦横」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐き【神機】

〘名〙 不思議なはたらき。霊妙なはたらき。はかり知ることのできない機略。
※本朝文粋(1060頃)三・漏尅〈都良香〉「莫天道而垂法。叶神機而裁上レ規」 〔後漢書‐皇甫嵩伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神機の関連情報