神田 松鯉(2代目)(読み)カンダ ショウリ

20世紀日本人名事典の解説

神田 松鯉(2代目)
カンダ ショウリ

明治〜昭和期の講談師



生年
明治18(1885)年9月8日

没年
昭和42(1967)年4月22日

出生地
東京・芝

本名
玉川 悦太郎

別名
初名=神田 悦山,前名=神田 小伯山(2代目)

経歴
2代目神田伯山(のち初代松鯉)の息子で、明治29年父に習って講談師となり、浅草公園金車で初高座を務め神田悦山と名乗った。その後小伯山、さらに父の隠居名松鯉を継いだ。読み口は飄々として「お富与三郎」「太閤記」などが得意、80余歳まで高座を務めた。瀬戸内晴美の小説「花野」のモデルと云われる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

神田 松鯉(2代目)
カンダ ショウリ


職業
講談師

本名
玉川 悦太郎

別名
初名=神田 悦山,前名=神田 小伯山(2代目)

生年月日
明治18年 9月8日

出生地
東京・芝

経歴
2代目神田伯山(のち初代松鯉)の息子で、明治29年父に習って講談師となり、浅草公園金車で初高座を務め神田悦山と名乗った。その後小伯山、さらに父の隠居名松鯉を継いだ。読み口は飄々として「お富与三郎」「太閤記」などが得意、80余歳まで高座を務めた。瀬戸内晴美の小説「花野」のモデルと云われる。

没年月日
昭和42年 4月22日 (1967年)

家族
父=神田 松鯉(初代)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

神田 松鯉(2代目) (かんだ しょうり)

生年月日:1885年9月8日
明治時代-昭和時代の講談師
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android