講談師(読み)こうだんし

  • こうだんし カウダン‥
  • こうだんし〔カウダン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寄席などで、軍記、武勇伝、かたき討ち物などを調子をつけておもしろく読んで聞かせる芸人。芸としての講談を業とする人。講釈師。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉一〇「常陸坊海尊博識(ものしり)の講談師が扇から叩き出されしなるが是も落の無い悪洒落と覚ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講談師の関連情報