コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経芽腫 シンケイガシュ

デジタル大辞泉の解説

しんけいが‐しゅ【神経芽腫】

副腎交感神経節に発生する腫瘍。5歳以下の幼児に発症することが多い。小児癌(しょうにがん)の一種。1歳未満の場合、自然に消滅したり、手術や化学療法によって治癒することが多い。神経芽細胞腫

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけいがしゅ【神経芽腫】

神経細胞が分化していく途中で腫瘍しゆよう化したもの。腫瘍細胞により大量に産生されたカテコールアミンが尿中に排出されるため早期診断は容易。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神経芽腫の言及

【小児癌】より

…小児癌には,成人にはほとんどみられることのない特有なものと,成人にも小児にもみられるものとがある。前者には神経芽腫,ウイルムス腫瘍,網膜芽細胞腫,肝芽腫などがあり,後者には白血病,悪性リンパ腫,脳腫瘍などがある。しかし,どちらともいえないものや,また同じ病名でも,成人と小児とでは病型が異なり,症状や治療法の違うものが少なくない。…

※「神経芽腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神経芽腫の関連キーワード神経芽細胞腫/神経芽腫カテコールアミン網膜芽細胞腫小児がん小児外科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経芽腫の関連情報