コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭りの場 マツリノニワ

デジタル大辞泉の解説

まつり‐の‐にわ〔‐には〕【祭りの場】

祭りを行う場所。祭壇

まつりのば【祭りの場】

林京子中編小説。長崎出身の作者の被爆体験を綴る。昭和50年(1975)発表。同年、第18回群像新人文学賞、第73回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

祭りの場の関連キーワード柴挿し・柴指し・柴挿・柴指銚子塚古墳〈山梨県〉けんか祭[妻鹿]プージャーくいちゃあ武器形祭器メンデット沖縄文学山車人形原爆文学稚児舞悪態祭強飯式神籬神道祭り花祭衣装

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭りの場の関連情報