コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭りの場 マツリノニワ

デジタル大辞泉の解説

まつり‐の‐にわ〔‐には〕【祭りの場】

祭りを行う場所。祭壇

まつりのば【祭りの場】

林京子中編小説。長崎出身の作者の被爆体験を綴る。昭和50年(1975)発表。同年、第18回群像新人文学賞、第73回芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

祭りの場の関連キーワード柴挿し・柴指し・柴挿・柴指銚子塚古墳〈山梨県〉けんか祭[妻鹿]プージャーくいちゃあ武器形祭器メンデット山車人形沖縄文学原爆文学悪態祭稚児舞強飯式神籬祭り花祭衣装神道

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭りの場の関連情報