コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭司長 さいしちょうkōhēn hārōsh; archiereis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭司長
さいしちょう
kōhēn hārōsh; archiereis

ユダヤ教で香油を塗られて聖化された祭司たちの長。バビロン捕囚後の時期にあらわれる大祭司 hak kōhēn haggadōl。その後,新約聖書でも祭司長の名が使用され,多く現れる。その職務は普通の祭司職だけでなく,本来の役割として年1回の罪祭の日に彼のみが入ることを許された至聖所に入り,自己の罪とイスラエルの罪の償いのための犠牲を捧げることとされた。新約聖書では,祭司長は長老たち,律法学者たちと並んでサンヘドリンを構成し,それを主導するものとされている。その選任は,初めユダヤの伝統に基づいてなされたが,後代になるとセレウコス朝の王やヘロデ大王ローマ人などがその任命権を収奪したこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone