コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭司長 さいしちょう kōhēn hārōsh; archiereis

1件 の用語解説(祭司長の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭司長
さいしちょう
kōhēn hārōsh; archiereis

ユダヤ教で香油を塗られて聖化された祭司たちの長。バビロン捕囚後の時期にあらわれる大祭司 hak kōhēn haggadōl。その後,新約聖書でも祭司長の名が使用され,多く現れる。その職務は普通の祭司職だけでなく,本来の役割として年1回の罪祭の日に彼のみが入ることを許された至聖所に入り,自己の罪とイスラエルの罪の償いのための犠牲を捧げることとされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祭司長の関連キーワードサバト大祭司贖罪の日猶太ツファットユダヤ自治州ユダヤ教の聖典ユダヤ教音楽ユダヤ教の聖歌ユダヤ教の父

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone