コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至聖所 しせいじょ

大辞林 第三版の解説

しせいじょ【至聖所】

古代イスラエルで、エルサレムの神殿の最奥部に一段高く二重の幕によって仕切られた最も聖なる場所。宗教哲学的象徴として重要な意味をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しせいじょ【至聖所 Most holy】

旧約聖書の律法書によれば,イスラエル人の荒野放浪時代の移動聖所としての幕屋(タバナクル)の一番奥の,神が臨在する神聖な部屋で,垂幕で仕切られ,年1回贖罪日に大祭司が入りうるとされた場所。ソロモンが建立したエルサレム神殿の最奥部の至聖所は正方形で,1対のケルビムと〈契約の箱〉が安置された。原始キリスト教団は,イエスの死に際して神殿の至聖所の垂幕が裂けたこと(《マタイによる福音書》27:51)を贖罪死の象徴と理解した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

至聖所の関連キーワードサンクチュアリウムオルタサンジュリオセティ一世葬祭殿アブ・シンベルコムオンボ神殿イコノスタシスエジプト美術祭司長葬祭殿神の座内陣

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android