禍福は糾える縄の如し(読み)かふくはあざなえるなわのごとし

精選版 日本国語大辞典「禍福は糾える縄の如し」の解説

かふく【禍福】 は 糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)

(「史記‐南越伝」の「因禍為福、成敗之転、譬若糾纏」から) わざわいが福になり、福がわざわいのもとになったりして、このの幸不幸はなわをより合わせたように表裏をなすものであるの意。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二「定かに思ひ弁(わきまへ)ねども、禍福は糾(アザナヘ)る纏(ナワ)の如し。人のは天に係れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「禍福は糾える縄の如し」の解説

禍福は糾える縄の如し

この世の幸不幸は、をなう際に二本の藁束をより合わせるように交互に絡み合い、表裏をなしている。「あざなう」は縄などをなうこと。

[使用例] まこと人の世は吉凶禍福あざなえる縄のごときものでした[佐々木味津三*右門捕物帖|1929]

[解説] 「史記―南越伝」にあることばから。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android