禍福は糾える縄の如し(読み)カフクハアザナエルナワノゴトシ

大辞林 第三版の解説

かふくはあざなえるなわのごとし【禍福は糾える縄の如し】

〔史記 南越伝賛
災いと福とは、縄をより合わせたように入れかわり変転する。吉凶は糾える縄の如し。禍福糾纆きゆうぼく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かふく【禍福】 は 糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)

(「史記‐南越伝」の「因禍為福、成敗之転、譬若糾纏」から) わざわいが福になり、福がわざわいのもとになったりして、この世の幸不幸はなわをより合わせたように表裏をなすものであるの意。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二「定かに思ひ弁(わきまへ)ねども、禍福は糾(アザナヘ)る纏(ナワ)の如し。人の命は天に係れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android