コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井常右衛門 ふくい つねえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福井常右衛門 ふくい-つねえもん

1753-1806 江戸時代中期-後期の公共事業家。
宝暦3年1月11日生まれ。備後(びんご)(広島県)福山城下吉津町の町年寄。数十年間閉塞して通じなかった吉津町の暗渠(あんきょ)をとおし,芦田川から水をひいて飲料水を確保。また備荒用の義倉創設の援助をした。文化3年4月5日死去。54歳。本姓大戸。名は直光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

福井常右衛門 (ふくいつねえもん)

生年月日:1753年1月11日
江戸時代後期の公益家
1806年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

福井常右衛門の関連キーワード生年月日