コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福亭三笑 ふくてい さんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福亭三笑 ふくてい-さんしょう

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸牛込の手習い師匠式亭三馬門下享和-文政(1801-18)のころ「従夫(それから)道成寺」「夏浴衣染分(なつゆかたそめわけ)模様」などをあらわした。姓は森。名は貞雄。号は富久亭とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福亭三笑の関連キーワード戯作

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android