福田浩湖(読み)ふくだ こうこ

美術人名辞典の解説

福田浩湖

南画家。東京生。名は浩治。佐竹永湖小室翠雲に師事。また谷文晁に私淑し南北合派を研究した。日本南画院同人となる。戦後は日本南画院の再興に尽力し、最長老の同人として重きをなした。昭和34年(1959)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田浩湖 ふくだ-こうこ

1883-1959 明治-昭和時代の日本画家。
明治16年3月14日生まれ。佐竹永湖にまなび,文展などに出品,日本南画院同人となる。同院解散後は大東南画院に属した。戦後は南画院をつくり,文人画の興隆につくした。昭和34年5月19日死去。76歳。東京出身。名は浩治。別号に三応子。作品に「竹窓閑話」「幽渓積翠」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android