コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田理軒 ふくだ りけん

美術人名辞典の解説

福田理軒

数学家。通称理八郎・主計介、号は理軒・順天堂、名は泉。美濃の人。武田真元・小出修繕に師事する。西洋数学の普及に尽力した。著書に『算法全書』『規尺便覧』等がある。明治22年(1889)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田理軒 ふくだ-りけん

1815-1889 江戸後期-明治時代の和算家。
文化12年5月生まれ。福田金塘(きんとう)の弟。武田真元(しんげん),小出兼政(かねまさ)にまなび,大坂南本町で塾をひらく。明治4年東京にでて順天求合社を創設した。明治22年8月17日死去。75歳。大坂出身。初名は本橋惟義。通称は泉,鼎,主計など。別号に順天堂。著作に「順天堂算譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

福田理軒

没年:明治22.8.17(1889)
生年:文化12(1815)
幕末明治期の算学者。兄復と共に兄弟算学者として著名。初め兄復に学び,のち武田真元,小出兼政(修喜)につき,また天保13(1842)年土御門家に召し抱えられ,その間大坂南本町に私塾を開き弟子に教授した。名は泉,理軒は号で別に順天堂とも号した。ハーシェルの天文書の漢訳本『談天』の訓訳本を刊行した。明治1(1868)年天文暦道が土御門家に委任されると暦算御用を勤めている。同4年天文暦道が土御門家を離れると星学御用掛を辞して東京に出て,和洋混合の数学塾を開いたが成功せずまた大阪へ帰った。『西算速知』『近世名家算題集』『明治小学塵劫記』ほか著述は数多い。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

福田理軒の関連キーワード千葉卓三郎安倍 喜平中原豊太郎中村義方平松誠一佐久間纉小俣勇造安倍喜平福田泉福田復上野清和算家没年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android