コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出兼政 こいで かねまさ

2件 の用語解説(小出兼政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出兼政 こいで-かねまさ

1797-1865 江戸時代後期の和算家,暦算家。
寛政9年8月27日生まれ。阿波(あわ)徳島藩士。宮城流の皆伝をうけたのち,江戸で日下(くさか)誠に関流を,和田寧(ねい)に円理をまなぶ。京都の土御門(つちみかど)家などで暦学もおさめる。天文観測によって官暦の誤りを実証。ラランデ天文書を翻訳・刊行した。慶応元年8月17日死去。69歳。字(あざな)は修喜。通称は長十郎。著作に「丁酉元暦(ていゆうがんれき)」「砲術玉道真法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小出兼政

没年:慶応1.8.17(1865.10.6)
生年:寛政9.8.27(1797.10.16)
幕末の暦学者,算学者。代々阿波(徳島)藩士。9歳で跡目を継いだが,文政9(1826)年勉学修業のため藩を辞した。通称長十郎,字は修喜。算学はまず宮城流の恒川徳行から皆伝を受け,次に江戸に出て関流日下誠に学び免許皆伝,さらに和田寧につき円理を究め,最上流会田安明より伝書100巻を受けた。円通に暦術を学び,天保5(1834)年土御門に入門して『丁酉元暦』を著して師に献じ土御門家師範代となった。さらに翌年江戸に赴き天文方渋川景佑のもとに入門した。和算・暦術の著書は多く『五星暦』(6冊),『算法対数表』(1冊,これは刊行されたわが国最初の対数表である)さらにフランス天文学者ラランド(1732~1807)の暦書の翻訳書『蝋蘭垤訳書』を養子光教らの協力で訳述し,他にも『応元暦』『応元暦改正』『安政暦』『捷径暦』その他がある。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小出兼政の関連キーワード阿波梅文鼎山路主住徳島暦学阿部有清岡田寧処賀島長総小出光教合田恒斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone