秀づ(読み)ヒイズ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐い・ず〔‐いづ〕【秀づ】

[動ダ下二]ひいでる」の文語形

ひ・ず〔ひづ〕【秀づ】

[動ダ下二]《「ほ(穂)い(出)づ」の音変化》
穂が出る。穂を出す。
「あしひきの山田作る児―・でずとも縄だに延(は)へよ守ると知るがね」〈・二二一九〉
ぬきんでる。ひいでる。
「和漢の才にみな―・でて」〈愚管抄・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひいず【秀づ】

( 動下二 )

ひず【秀づ】

( 動下二 )
〔「穂づ」の転じた「ひいづ」の転〕
穂を出す。 「石上布留の早稲田を-・でずとも縄だに延へよ守りつつ居らむ/万葉集 1353
ひいでる。 「和漢の才にみな-・でて/愚管 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android