コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布留 フル

3件 の用語解説(布留の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふる【布留】

奈良県天理市の地名。石上(いそのかみ)神宮がある。[歌枕]
「石上―の神杉神さぶる恋をも我は更にするかも」〈・二四一七〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布留
ふる

奈良県北部、天理市の一地区。布留川扇状地上に位置する。『日本書紀』履中(りちゅう)天皇の条に「石上(いそのかみ)の振神宮(ふるのかみのみや)」とある石上神宮が鎮座する。「石上布留の神杉(かみすぎ)……」など「石上布留」として『万葉集』に多く詠まれている。神宮の近くに縄文~古墳時代にわたる布留遺跡がある。近くにある天理参考館で遺跡からの出土品の展示が行われている。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布留の関連情報