コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布留 フル

デジタル大辞泉の解説

ふる【布留】

奈良県天理市の地名。石上(いそのかみ)神宮がある。[歌枕]
「石上―の神杉神さぶる恋をも我は更にするかも」〈・二四一七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふる【布留】

奈良県天理市の地名。石上いそのかみ神宮がある。⦅歌枕⦆ 「石上-の神杉かむすぎかむさぶる/万葉集 2417

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布留
ふる

奈良県北部、天理市の一地区。布留川扇状地上に位置する。『日本書紀』履中(りちゅう)天皇の条に「石上(いそのかみ)の振神宮(ふるのかみのみや)」とある石上神宮が鎮座する。「石上布留の神杉(かみすぎ)……」など「石上布留」として『万葉集』に多く詠まれている。神宮の近くに縄文~古墳時代にわたる布留遺跡がある。近くにある天理参考館で遺跡からの出土品の展示が行われている。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

布留の関連キーワード初瀬川(はせがわ)堀川百首題狂歌集丹波市(奈良県)打ち返し・打返し嵐与市(初代)布留式土器山辺の道池田正式大江千楯上田淇亭物部日向黒松稲天綴れ刺せ石上神宮財部実秋伊能稲木事命神さむ早稲田露霜の

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

布留の関連情報