早稲田(読み)わせだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早稲田
わせだ

東京都新宿区北部の地区。明治期までは付近水田も広がっていた。 1882年東京専門学校 (現早稲田大学 ) が創立されて以降文教地区として発展。学生相手の飲食店,下宿が多い。都電荒川線の起点早稲田駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わさ‐だ【早稲田】

早稲(わせ)を作る田。わせだ。
「石上(いそのかみ)布留の―を秀(ひ)でずとも縄だに延(は)へよ守(も)りつつ居らむ」〈・一三五三〉

わせ‐だ【早稲田】

早稲(わせ)を作る田。早稲の実っている田。わさだ。 秋》

わせだ【早稲田】[地名]

東京都新宿区中北部の地名早稲田大学がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

早稲田【わせだ】

東京都新宿区北部の地名。戸塚台地の北斜面に当たり,かつては農村。1882年早稲田大学創設とともに学園町として発展,学生相手の飲食店,下宿,古書店が多い。地下鉄東西線が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わせだ【早稲田】

東京都新宿区北部の地名。1882年この地に東京専門学校(早稲田大学前身)が設立されて以来,学生街および住宅街としての発展を始めたが,大正期までは東京の郊外で,その名のとおり低地には水田も見られた。現在,早稲田の町名がつくのは,早稲田大学を中心とした西早稲田1~3丁目,印刷・製本関係の中小工場が多い早稲田鶴巻町,その南の早稲田町,夏目漱石が最晩年を過ごした漱石山房跡のある早稲田南町で,これらにはさまれて戸塚町,馬場下町がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早稲田
わせだ

東京都新宿区北端、神田(かんだ)川の南側にある地区。町名に早稲田町、早稲田鶴巻町、早稲田南町、西早稲田がある。低地は水田地域であったことが地名の由来から知れる。1882年(明治15)大隈重信(おおくましげのぶ)によってこの地に創立された早稲田大学(当時は東京専門学校で1902年改称)の名で全国に知られる。都電荒川線早稲田駅付近に甘泉園(かんせんえん)公園、水稲荷(みずいなり)神社、堀部安兵衛仇討(あだうち)の碑などがある。東京メトロ東西線早稲田駅の西方台地上には穴八幡宮(あなはちまんぐう)があり、また南東の早稲田南町の漱石(そうせき)山房跡に猫塚がある。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わさ‐だ【早稲田】

〘名〙 わせの稲を作る田。わせだ。わささだ。《季・秋》
※万葉(8C後)七・一三五三「石上布留の早田(わさだ)を秀でずとも縄だに延へよ守りつつ居らむ」

わせ‐だ【早稲田】

[1] 〘名〙 わせをつくる田。わさだ。《季・秋》
[2]
[一] 東京都新宿区北部の地名。江戸中期以後、町屋として発展。広くは西早稲田・早稲田・早稲田鶴巻・早稲田南・馬場下・戸塚町などの一帯をも含める。早稲田大学が西早稲田にある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報