私怨(読み)シエン

デジタル大辞泉 「私怨」の意味・読み・例文・類語

し‐えん〔‐ヱン〕【私怨】

個人的なうらみ。「私怨を抱く」
[類語]恨み遺恨怨恨逆恨み怨念恨めしい怨嗟えんさ意趣宿意宿怨しゅくえん宿恨積怨せきえん旧怨きゅうえんあだ憎しみ復讐心ふくしゅうしん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「私怨」の意味・読み・例文・類語

し‐えん‥ヱン【私怨】

  1. 〘 名詞 〙 個人的なうらみ。わたくしごとのうらみ。
    1. [初出の実例]「未私怨也」(出典日本外史(1827)一)
    2. [その他の文献]〔春秋左伝‐昭公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「私怨」の読み・字形・画数・意味

【私怨】しえん(ゑん)

私の怨み。〔左伝、昭五年〕任言へることり。を爲すは、私勞を賞せず、私怨を罰せず。

字通「私」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android