コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋江 しゅうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋江
しゅうこう

中国の京劇の作品。明(みん)の高濂(こうれん)作『玉簪記(ぎょくさんき)』の一節を独立させたもので、京劇のほか楚劇(そげき)や湘劇(しょうげき)、秦腔(しんこう)などにも同じ題材の演目がある。京劇の『秋江』は川劇(せんげき)の同名作品から改編されたもの。若い尼の陳妙常(ちんみょうじょう)は親の決めた許嫁(いいなずけ)とも知らずに青年潘必正(はんひっせい)と恋に落ち、寺を抜け出して舟で後を追う。登場人物は妙常と老船頭の2人だけだが、道を急ぐ純情な尼をわざとからかう老人とのやりとりが笑いを誘う。舟の上で話が展開し、2人の体の動きだけで河面に揺れる舟を表現する所作の妙で知られる。崑曲(こんきょく)の『追舟』も同じ話だが、青年に追い付いた妙常が思いを語り、互いに二世を契る場面が中心になっている。[刈間文俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

秋江の関連キーワード別れたる妻に送る手紙踏み違える・踏違える佐羽吉右衛門(3代)立ち迷う・立迷うのんべんぐらり咳き上げる纏綿・纒綿蹴退ける小隠れるぽろぽろ近松秋江寝腫れる錦織弘景のうのう叩き切る先達て中思い募る書生っぽ料理茶屋人臭い

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋江の関連情報