コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秥蝉県碑 ねんていけんぴChŏmsŏn-hyŏn-bi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秥蝉県碑
ねんていけんぴ
Chŏmsŏn-hyŏn-bi

朝鮮古代の楽浪郡の遺跡の一つ。秥蝉県は楽浪郡の属県。1911~13年に行なわれた関野貞らの古跡調査中,今西龍が平安南道竜岡郡雲坪洞でこの古碑を発見し,碑文の文字や干支などから,この地域付近が旧楽浪郡の秥蝉県跡であると推定した。さらにこの碑文によって『漢書』地理志の「列水」が大同江であることが立証された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android