楽浪郡(読み)らくろうぐん(英語表記)Le-lang jun; Rakrang-gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽浪郡
らくろうぐん
Le-lang jun; Rakrang-gun

中国,漢の武帝朝鮮半島に開設した4の一つ。武帝は衛氏朝鮮の右渠王が辰国など周りの諸国と漢の通交を妨害したという理由で,元封2 (前 109) 年出兵し,衛氏朝鮮は頑強に抵抗したが前 108年首都王険城 (現在の平壌といわれる) が陥落して滅び,漢は衛氏朝鮮の版図内に楽浪ほか3郡をおいて朝鮮を直接支配した。楽浪郡は大同江,清川江流域から北は鴨緑江下流にわたる領域で,半島の北西部に位置し,その中心は現在の平壌付近であった。後漢の時代になると,遼東の豪族公孫氏が支配し,3世紀の初めに楽浪郡を2分して,南部を帯方郡とした。その後,両郡は三国魏,次いで晋に支配されたが,朝鮮北方で勃興した高句麗によって美川王 14 (313) 年楽浪郡は併合され,同じ頃帯方郡も韓・濊 (わい) 諸族によって滅ぼされ,中国の直接支配は終りを告げた。楽浪ほか3群については,その位置や存在そのものについて説が分かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らくろう‐ぐん〔ラクラウ‐〕【楽浪郡】

前108年、前漢武帝衛氏朝鮮を滅ぼして設置した朝鮮四郡の一。現在の平壌(ピョンヤン)が中心。3世紀初頭、南半部が帯方郡(たいほうぐん)となって分離。313年、高句麗(こうくり)に滅ぼされた。大同江南岸にある都城址や墳墓群からは、金銀器・青銅器漆器玉器などを出土

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

楽浪郡【らくろうぐん】

漢の武帝が設けた朝鮮四郡(漢四郡)の一つ。前108年衛氏朝鮮を滅ぼして設置。他の臨屯郡真番郡(前者は現在の咸鏡南道江原道方面,後者は楽浪郡以南と比定する説が有力だが,異説もある)はまもなく廃され,玄菟(げんと)郡は遼東に移されたが,楽浪郡は現在の平壌付近を中心に長く存続。北部朝鮮における中国人の植民地として栄えた。3世紀には遼東の公孫氏の支配下に入り,南半に帯方郡を新設。のち魏・西晋に受け継がれたが,313年高句麗(こうくり)に滅ぼされた。平壌の大同江右岸の土城里には,土築の城壁や官衙(かんが)の遺跡彩篋(きょう)塚や王光墓を含む墳墓群があり,漢代文化の移入によって生まれた楽浪文化の隆盛を示す重要な遺物が多数出土,漢代文化研究の貴重な資料ともなっている。
→関連項目漢氏朝鮮秦氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らくろうぐん【楽浪郡 Lè làng jùn】

中国の漢の武帝が,前108年衛氏朝鮮を平定して,その故地に設置したいわゆる〈漢四郡〉の一つで,その代表的なもの。武帝は前109年(元封2)衛氏朝鮮王朝最後の国王,衛右渠の抗命を理由に出兵して,翌年これを平らげ楽浪ほか3郡をおいて朝鮮を直接支配下に編入した。楽浪郡の中心地はほぼ現在の平壌付近に比定される。最初の領域は現在の大同江,清川江沿岸から鴨緑江下流方面にわたるものと推定され,朝鮮半島北西部の重要な地域を包括するものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽浪郡
らくろうぐん

前漢のなかばから西晋(せいしん)の末ごろまで、現在の平壌(ピョンヤン)を中心とする西北朝鮮に置かれた中国王朝の地方行政組織。紀元前108年に漢は西北朝鮮一帯を支配していた衛氏(えいし)朝鮮を攻め滅ぼし、この地方に真番(しんばん)、臨屯(りんとん)、楽浪、玄菟(げんと)の4郡を設置した。他の3郡はまもなく廃止されたり中国本土側へ移転したりしたが、楽浪郡は約400年間、歴代王朝の機関として、今日の平安南道、黄海南・北道にわたる地域に存続した。郡の領域には若干の消長があり、3世紀初頭のころには南半部が分離して帯方(たいほう)郡となった。楽浪、帯方の2郡はのちに高句麗(こうくり)勢力の南下にあい、中国本土への移転を余儀なくされた。楽浪、帯方の名を冠した行政機関は中国で6世紀まで存続したが、通常は郡の機構が朝鮮半島を離れたとされる313年をもって楽浪郡の滅亡としている。楽浪、帯方の2郡は朝鮮半島と日本列島に少なからぬ政治的、文化的影響を与えた。邪馬台(やまたい)国の卑弥呼(ひみこ)の使者が中国に朝貢した際、この2郡を経由したことは有名である。
 楽浪郡に関係する遺跡の調査は、第二次世界大戦前から行われている。今日までに行政機関の所在地と思われる土城(土塁を巡らした遺跡)が数か所で発見され、その周囲に多数の墳墓がつくられたことが明らかになっている。このうち平壌市南部、大同江南岸の楽浪土城は規模が大きく、出土品などから楽浪郡の中心地と考えられている。この土城の付近には2000基以上の墳墓があり、金銀器、青銅器、漆器など豊かな副葬品をもつことで知られている。楽浪郡の文化は中国文化を基調としつつも在地の文化伝統を取り入れた独特のものであり、北方ユーラシアの騎馬民族文化との関係も注目されている。
 なお北朝鮮では、楽浪郡は中国の遼寧(りょうねい)省方面にあったのであり、平壌周辺の遺跡は郡とは関係のない朝鮮半島固有の人々が残したものとする説が行われているが、この説には文献的にも考古学的にも疑問がある。[谷 豊信]
『駒井和愛著『楽浪』(中公新書) ▽朝鮮大学校歴史学研究室編『朝鮮史』(1976・朝鮮青年社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽浪郡の関連情報