コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関野貞 せきのただし

7件 の用語解説(関野貞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関野貞
せきのただし

[生]慶応3(1867).12.15. 越後,高田
[没]1935.7.29.
建築史学者。東京帝国大学工科大学造家学科を卒業。奈良県で古社寺建築の調査と修理を担当。以後中国,朝鮮の古建築,古跡の調査研究に従事。東京帝国大学教授,内務・文部省技師,国宝保存会委員などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきの‐ただし【関野貞】

[1867~1935]建築家・建築史家。新潟の生まれ。東大教授。日本・朝鮮・中国各地の古建築・遺跡・古美術を広く調査・研究し、建築史・美術史・考古学に大きな業績を残した。様式史的観点から法隆寺非再建論を主張。著「韓国建築調査報告」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

関野貞【せきのただし】

建築史家。高田市に生まれ,東大工科を卒業。奈良県技師,のち東大教授。美術史・考古学にも精通,古社寺の調査・保存修理に努め,中国・朝鮮の古建築などの調査研究に業績をあげた。
→関連項目辰野金吾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関野貞 せきの-ただし

1868*-1935 明治-昭和時代前期の建築史家。
慶応3年12月15日生まれ。奈良県技師をへて明治34年東京帝大助教授,大正9年教授。古社寺建築の研究,保存につとめ,明治38年法隆寺非再建論を発表し,論争。平城京跡の発見,朝鮮楽浪郡治址の確定,中国天竜山石窟の紹介などの業績をのこした。昭和10年7月29日死去。69歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。著作に「朝鮮古蹟図譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

せきのただし【関野貞】

1867‐1935(慶応3‐昭和10)
建築史,美術史学者。越後国高田に生まれる。1895年東京帝国大学工科大学造家学科を卒業。翌年より奈良県技師として古社寺の研究・保存に携わり,建築細部の様式から成立年代を判定する建築史,美術史研究の基礎を確立した。1920年東京帝国大学教授。平城宮跡の発見,喜田貞吉との法隆寺再建非再建論争,朝鮮楽浪郡治址の確定,中国天竜山石窟の紹介など,学界の発展に貢献した。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきのただす【関野貞】

1867~1935) 建築史家。新潟県生まれ。東大教授。日本・朝鮮・中国の古建築・遺跡を調査・研究。法隆寺非再建論を提唱。主著「平城京及び大内裏考」「楽浪郡時代の遺蹟」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関野貞
せきのただし
(1867―1935)

建築家、建築史家。越後(えちご)(新潟県)高田に生まれる。1895年(明治28)帝国大学工科大学造家学科卒業。翌年奈良県技師となり、古社寺建築の研究および保存修理にあたる。1901年(明治34)以来東京帝国大学で教鞭(きょうべん)をとり、08年「平城京及大内裏考」で工学博士。再三、中国、朝鮮に渡り、古建築、古美術、遺跡の調査研究をし、その先駆となる。古社寺保存会、史蹟(しせき)名勝天然紀念物調査会等の委員を歴任。文化財の保護にも多大の業績を残す。主要著作に『韓国建築調査報告』『楽浪(らくろう)郡時代の遺蹟』など。没後門下の編集による論文集『日本の建築と芸術』『朝鮮の建築と芸術』『支那(しな)の建築と芸術』が刊行された。喜田貞吉(きたさだきち)との法隆寺再建非再建論争は著名である。代表的な建築作品には奈良県物産陳列所(1902。現奈良国立博物館仏教資料センター)がある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関野貞の言及

【雲岡石窟】より

…07年にE.シャバンヌがはじめて多数の写真を撮影,石窟番号を与えて発表した。明治・大正期に松本文三郎,木下杢太郎,大村西崖,小野玄妙も調査や研究を加えたが,関野貞(せきのただし)・常盤大定(ときわだいじよう)《支那仏教史蹟》巻2(1926)は従来の研究に画期を与え,その石窟番号は現在まで使われている。のち東方文化学院(京都大学人文科学研究所東方部の前身)は水野清一を隊長として38‐44年に実測・撮影・拓本・小発掘による大規模な調査をおこない,《雲岡石窟》16巻(1951‐56)を公刊。…

【大極殿】より

…後者は同じく9間×5間の基壇建物だが,規模は前者より小さい。後者の土壇もそのほとんどが残っており,所在地の小字名〈大黒の芝〉は明治時代に関野貞(1867‐1935)が平城宮の復元を試みたときの手がかりとなった。後者の大極殿は恭仁京からの還都後の造営ではないかと推定されている。…

【平城宮】より

…平城京については,自製の測量器械で現地測量し,平城京の道路の痕跡が水田のあぜや農道に残されていることを確認し,その結果を《平城京大内裏跡坪割図》(1852)としてまとめたので,平城宮の位置もほぼ明らかになった。明治時代には関野貞(ただし)(1867‐1935)による現地踏査が行われ,平城宮は方1kmの正方形と推定された。関野の踏査は日清戦争直後に行われ,小字名に〈大黒の芝〉という名を残す土壇を発見して平城宮の大極殿の跡であると推定した。…

【法隆寺再建非再建論争】より

…同伽藍が日本最古の建造物であることから,建築史,美術史,日本史,考古学の諸家によって19世紀末から半世紀にわたって論争された。すでに早く1899年黒川真頼(まより)(1829‐1906)と小杉榲邨(すぎむら)(1834‐1910)が《日本書紀》天智9年(670)4月条の法隆寺全焼の記事によって,創建法隆寺は同年に焼亡し,現在の西院伽藍は和銅年間(708‐715)に再建したものという説を唱えたが,1905年関野貞(ただす)(1867‐1935)と平子鐸嶺(たくれい)(1877‐1911)が非再建説,喜田貞吉(1871‐1939)が再建説をそれぞれ主張して第1次論争が行われた。非再建説は飛鳥,白鳳,天平と変遷する建築様式論に基礎をおくが,特に西院伽藍建造の使用尺度が大化以前の高麗(こま)尺であるという関野の尺度論が重要な論拠となった。…

※「関野貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関野貞の関連キーワード相島勘次郎伊東太郎宇野積蔵小野寺章佐久間文吾四方竜文(7代)堤定次郎二宮健市藤原利三郎三隅正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone