コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理志 ちりしDì lǐ zhì

世界大百科事典 第2版の解説

ちりし【地理志 Dì lǐ zhì】

中国,正史の志の中で,地理的叙述を行っている部分。24の正史のうち,《漢書》《後漢書》《晋書》《宋書》《南斉書》《北魏書》《隋書》《新唐書》《旧唐書》《新五代史》《旧五代史》《宋史》《遼史》《金史》《元史》《明史》の16に1~7巻の地理志が含まれる。なおこのうち郡国志(《後漢書》),州郡志(《宋書》《南斉書》),地形志(《北魏書》)などと呼称に差異があるが実質は同じである。前漢帝国における行政組織の整備とともに,郡県制を中心とした全国の地理的事実を正史の志の一部門として記載することが慣例となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地理志の関連キーワード世宗(朝鮮、李朝)弥生時代のクニグニ風土(自然環境)世宗実録地理志慶尚道地理志東国輿地勝覧村岡 良弼日中交渉史魏志倭人伝元和郡県志小宮山綏介長久保赤水村岡良弼秥蝉県碑並河誠所村岡櫟斎李兆洛楊守敬全祖望自然誌

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地理志の関連情報