今西龍(読み)いまにしりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今西龍
いまにしりゅう

[生]1875. 岐阜,池田
[没]1932.5.20.
東洋史学者,文学博士。 1903年東京大学史学科卒業。 14年京都大学助教授。 25年朝鮮総督府の『朝鮮史編集委員。翌年京城大学教授兼京都大学教授。朝鮮古代史の研究および古跡調査に従事主著『百済史研究』『新羅史研究』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いまにし‐りゅう【今西龍】

東洋史学者。文学博士。岐阜県に生まれる。東京帝国大学卒。朝鮮古代史の研究に業績をあげる。著「朝鮮古史の研究」など。明治八~昭和六年(一八七五‐一九三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android