コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦将蔵 はた しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦将蔵 はた-しょうぞう

1828-1863 幕末の武士。
文政11年生まれ。和泉(いずみ)大鳥郡の代官小島家の養子となる。尊攘(そんじょう)運動にはいり,藤本鉄石らとまじわる。養家に累のおよぶことをさけて変名を名のる。文久3年天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわり,9月29日戦死。36歳。河内(かわち)(大阪府)出身。本姓は北辻。名は則久。字(あざな)は立思。号は松峯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秦将蔵の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝宇田川榕菴中島名左衛門カションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android