コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦箏語調 しんそうごちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦箏語調
しんそうごちょう

日本音楽の文献。醍醐寺三宝院蔵。江戸時代中期の筆写とみられる。雅楽の箏譜4曲と,越天楽 (えてんらく) 謡物の歌詞を収録。寺院歌謡として行われた楽箏伴奏の歌曲から近世箏曲への過程を示すものとして重要な資料筑紫箏伝承者に伝存された資料中にも同趣の寛文8 (1668) 年奥書の箏譜があり,ほかに同7年の奥書箏譜を高野辰之が紹介した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android