コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫箏 つくしごと

4件 の用語解説(筑紫箏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑紫箏
つくしごと

日本音楽の種目名,およびその楽器。室町時代の寺院雅楽から発展した「越天楽謡物 (えてんらくうたいもの) 」などの寺院歌謡には,おもな伴奏楽器として箏が用いられていたらしい。特に九州久留米善導寺では,僧賢順が天文年間 (1532~55) 以降に,善導寺に行なわれていた雅楽の善導寺楽または筑紫楽と呼ばれていたもののなかから,箏伴奏の歌曲を独立させ,組歌形式の箏曲として創始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つくし‐ごと【×筑紫×箏】

筑紫流」に同じ。
筑紫流箏曲(そうきょく)で用いる箏。また、俗箏(ぞくそう)は筑紫流から生じたので、これらを雅楽の箏(楽箏)と区別していう。筑箏(ちくそう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つくしごと【筑紫箏】

邦楽の種目,楽器名称。天文(1532‐55)ころ,筑紫善導寺の僧賢順が,それまで寺院歌謡として伝承されてきた箏伴奏の歌曲を,組歌形式に編集した箏曲をいうが,以来,箏曲に用いられる箏を雅楽の箏と区別して筑紫箏ともいい,また,近世箏曲全体の総称として,筑紫箏ということもある。狭義には,盲人音楽家に伝承された普通の箏曲を除外する。筑紫楽といった場合は,善導寺に行われていた雅楽をいう。賢順以降,玄恕(げんじよ)(1606‐49,1662年死亡説もある),法水(生没年不詳)などの僧に継承され,江戸に下った法水から八橋検校に伝えられたものは,盲人伝承の箏曲として改革されたが,玄恕以降,北九州で伝承されたものは,八橋改革以前の古態を遺存して,主に佐賀藩士や同地の儒者,神官,医師などのあいだで愛好された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑紫箏
つくしごと

日本音楽の一種、およびそれに用いられるチター弦鳴楽器の名称。広義には、八橋検校(やつはしけんぎょう)以降の箏曲(そうきょく)およびそれに用いられる箏も含めるが、一般には、室町時代に雅楽と中国の七絃琴(しちげんきん)の音楽の影響下に、九州久留米(くるめ)の善導(ぜんどう)寺において賢順(けんじゅん)が大成させ、のちに佐賀藩とその江戸屋敷を中心に、盲人社会以外の同好者によって行われたものをいう。後世、「筑紫流箏曲」ともよばれ、俗箏(ぞくそう)と区別された。筑紫箏に用いる箏は雅楽の箏を用いるが、爪(つめ)は雅楽のものより細長い。調弦法は、雅楽の大食調(たいしきちょう)を模したものを基本とし、かつては、その絶対音高が定められて「十二調子」と称する調子があったらしいが、現行は俗箏と同じく、その絶対音高は重視されない。なお楽曲は、賢順作曲と伝えられる古曲を「十曲」または「詠曲」といい、その他に「秘伝(秘詠)」「奥儀(奥詠)」などがあるが、時代によりその曲目や詞章に異同が著しい。[平山けい子]
『岸辺成雄・平野健次「筑紫箏調査報告」(東洋音楽学会編『東洋音楽研究』28・29号所収・1969・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の筑紫箏の言及

【今様】より

… 今様の歌詞を,雅楽の唱歌(しようが)の節(楽器の部分を代りに歌う),特に《越殿楽(えてんらく)》の節をつけて歌うことが平安時代中期からおこり,仏教行事の〈延年〉などで行われた。このような〈越殿楽今様〉の中で箏を伴ったものが〈筑紫箏(つくしごと)〉に発展して箏曲の基礎となった。また一弦琴に取り入れられたり,筑前地方の民謡〈筑前今様〉が《黒田節》として歌われたり,さらに明治時代の学校唱歌や賛美歌にも旋律が取り入れられるなど,近世歌謡への影響が大きい。…

【賢順】より

筑紫箏(つくしごと)の箏曲の始祖。宮部日向守武成の子。…

【箏】より

…牙箏は高麗時代には唐楽にのみ用いられたが,李朝成宗ころより郷楽にも用いられるようになった。
[日本]
 奈良時代に中国の唐制13弦箏が伝えられたのが日本における箏の始まりであり,その後,箏の音楽に雅楽の箏,寺院歌謡の箏ないし筑紫箏(つくしごと),近世箏曲および沖縄箏曲という三つの流れが生じた。しかし,楽器の構造は基本的には三者同じで,大きな細長い胴と,その上に水平に張った13本の絹弦(近年はナイロン弦,テトロン弦もある)と,13個の柱より成り,右手の拇指,食指,中指に義爪をはめて弾ずる。…

【箏曲】より


[歴史と分類]
 寺院芸能の一つとして行われていた〈越天楽歌物(えてんらくうたいもの)〉の類の歌曲を,組歌形式の箏伴奏のものに編集したのは,筑紫善導寺の僧の賢順であった。以後,この歌曲を,〈筑紫箏(つくしごと)〉ないし〈筑紫流箏曲〉といった。賢順の弟子の法水に学んだ盲人音楽家の八橋検校(やつはしけんぎよう)は,寛永(1624‐44)の中ごろ,庇護者である磐城平藩主内藤風虎の編詞によって,陰音階の調弦による箏伴奏の新しい組歌を作曲,これを普及させた。…

【日本音楽】より

…尺八の同類である一節切(ひとよぎり)も輸入され,このほうは一般庶民の楽器として,箏や三味線と合奏されたり,流行歌や民謡を吹くことにも用いられた。また,僧徒の遊宴で行われていた延年と称する総合芸能の中に〈越天楽歌物〉も含まれていたが,それらに基づいて北九州に筑紫流(つくしりゆう)箏曲(筑紫箏)が興った。社会的にも混乱の時代であった室町後期は,芸能の面においても混乱の時代であったといえる。…

※「筑紫箏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筑紫箏の関連キーワード楽器ガムラン勘所大和楽前弾き苦は楽の種糸管トリオソナタ楽は苦の種苦は楽の種ローイング種目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑紫箏の関連情報