コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程無し ホドナシ

デジタル大辞泉の解説

ほど‐な・し【程無し】

[形ク]
距離が小さい。また、高くない。
「海も浅し山も―・しわが恋を何によそへて君に言はまし」〈拾遺・恋一〉
広さがない。狭い。
「―・き所なれば、君もやがて聞き給ふ」〈若紫
時をへだてない。すぐである。
「一生―・しといへども、一日暮らしがたし」〈平家・三〉
年がゆかない。若い。
「―・き御身に、さる恐ろしきことをし給へれば」〈・若菜上〉
身分が取るに足りない。いやしい。
「わが恋はみくらの山にうつしてむ―・き身には置き所なし」〈古今六帖・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほどなし【程無し】

( 形ク )
隔たりが少ない。狭い。小さい。低い。 「 - ・き庭に、ざれたる呉竹/源氏 夕顔」 「海も浅し山も-・しわが恋を何によそへて君に言はまし/拾遺 恋一
間がない。あまり時間がたたない。 「そののち-・く世の中かはりにけり/十訓 1
卑しい。 「わが恋はみくらの山に移してむ-・き身には置き所なし/古今六帖 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android