コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税引(き)後当期純損失 ゼイビキゴトウキジュンソンシツ

デジタル大辞泉の解説

ぜいびきご‐とうきじゅんそんしつ〔‐タウキジユンソンシツ〕【税引(き)後当期純損失】

税引前当期純利益から法人税、住民税及び事業税と税効果会計により計上される法人税等調整額を差し引いた損益が損失となること、またその金額。利益となった場合は税引後当期純利益という。税引後当期損失当期純損失当期損失最終損失。純損失。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone