税引(き)後当期純利益(読み)ゼイビキゴトウキジュンリエキ

デジタル大辞泉の解説

ぜいびきご‐とうきじゅんりえき〔‐タウキジユンリエキ〕【税引(き)後当期純利益】

税引前当期純利益から法人税住民税及び事業税税効果会計により計上される法人税等調整額を差し引いた損益が利益となること、またその金額。損失となった場合は税引後当期純損失という。税引後当期利益当期純利益当期利益最終利益純利益

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android