コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税引(き)後当期純損益 ゼイビキゴトウキジュンソンエキ

デジタル大辞泉の解説

ぜいびきご‐とうきじゅんそんえき〔‐タウキジユンソンエキ〕【税引(き)後当期純損益】

税引前当期純利益から法人税、住民税及び事業税税効果会計により計上される法人税等調整額を差し引いた損益のこと。利益となった場合は税引後当期純利益、損失となった場合は税引後当期純損失という。税引後当期損益当期純損益当期損益最終損益純損益

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android